2003年04月13日

砂糖市。

浪人として命取りだと知りながら、これだけは心を離れようとせぬ。街道沿いの茶屋に見る『アレ』は私の心を離さない。だが勿論浪人として『アレ』を口にするなどモッテノホカ。ああ、棚から『アレ』が落ちて来ぬものか。
posted by ともひろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 斜面的童話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年04月12日

ハミングパック。

ビニール袋が一枚。ビニール袋が二枚。三枚。四枚…。どんどん出てくるこの箱はティッシュボックスビニール版。180枚+20。200枚とは表記しないお得感覚マイノリティ。だが本当に200枚入ってるのかは未確認にしろ、今日僕が問題視するべきはこの名前『ハミングパック』だろう。何故だ?名前の由来は大切だ。逆に言えば名前により原点をカイマミル事が出来るからだ。例えば自分の名前を見てみよう。『ともひろ』トモは友達の友。ヒロは…ヒロは…ヒロ?何だ?


明日電話してみるか…。
posted by ともひろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。