2004年11月28日

やまびこさん。

彼がおはよー!って叫んだら、おはよー!って帰って来る...。ありがとー!って叫んだら、ありがとー!って帰ってくる...。それがあんまり嬉しくて、試しに自分の名前を叫んでみたら一文字違いで帰ってきた...。もう一度はっきり叫んでみたけどやはり一文字違う...。「やまびこさん、僕が嫌いかい?」彼は聞くがやまびこさんは冷やかす様にそれを繰り返す...。何故ならやまびこさんは間違えない。間違っているのは彼のほうなのにねぇ...。
posted by ともひろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 斜面的童話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。