2006年03月31日

球体化。

そもそも丸まらない団子虫を丸まらない団子虫と解釈してるところからが間違いなんだよ、ねぇいいかい、彼は団子虫なんかじゃないしそれこそ丸まる必要もないし、むしろ丸まりたくもないんだよ。
ワカッテホシイ。
ナゲタリシチャダメ。
ワカッテホシイ。
posted by ともひろ at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

大作戦。

凡そ黄緑色と茶色の真ん中あたりの住人がこぞって目を覚ます頃になっても起きれない僕が思いついたのは竹の子大作戦。
posted by ともひろ at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

どふどふの風。

どふどふの風に、大木達がコンニチハッしてる。小木達にいたってはもはやゴメンナサイッしてる。なんだかそれが悔しくて直立不動を装うけれど、右足ちょっぴりオクラホマ気味。

どふどふの風来た日。

空飛ぶビニール、

渦巻き自転車、

耳鳴りモドキ、

オクラホマ猫、

梅蜜根の影オクラホマ猫とオクラホマ僕。

嬉しすぎて困ります。
posted by ともひろ at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

高麗にて。

image/tomosiro-2006-03-10T11:09:21-1.jpg
雨の竹林道、とある病院の脇道で籠の中のホワワに出会う。
どうやらモフォモフォ何か言っているみたい。言っているみたいとしかわからないけれど、でもそれとなくなんとなく「雨だね」って言ってみたかったんだけど言ったつもりだけにした。
…ホワワ。

雨の竹林道、とある病院の脇道で籠の中のホワワとさよなら。
posted by ともひろ at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 一般的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

独演と独演。

えっと『楽や』『天窓』2本続けてのトモヒロ公演でしたっ!今や相方マサヒロ君もいつも付き合ってくれて感謝っ!!今回2連続だけあって沢山っしかも色んな人と色んな曲が出来たぁ楽しかったっ遊びに来てくれた皆々ありがとーっ!唄、じゃこ天、唄、じゃこ天、唄、唄、カレー…。

『楽や』
(ホロ酔いだった為曲、順不同かも…笑)
◆星メグリノ唄
◆あの娘のトンネル
◆紅色電灯の夜
◆蜻蛉(W/唄とギター・コオロギ@宮田)
◆トカゲの子(W/ベース・皮蛋@とをる)
◆黄昏時ニ我思フ
◆手足
◆十二ノ星(W/ベース・碧雲C@シュウジ)
◆チヨコレイトショウ(W/ベース・碧雲C@シュウジ)
◆春告鳥(W/ベース・碧雲C@シュウジ)
こんな感じだったかな…とにかく共演だらけで楽しかったなっ!

『天窓』 ◆星メグリノ唄
◆後方見聞録
◆紅色電灯の夜
◆あの娘のトンネル
◆黄昏時ニ我思フ
◆手足
んとこの日は呼んでくれたソエさんの誕生日でしたっおめでとうございましたっしかもゲストのカエさんがカレーを振る舞ってくれてなんともあたたかな夜でしたっ!! (そしてほとんどW/パーカッッッション・マサヒロ)感謝っ!!
次は皮蛋っ久々に皮蛋ーっ!!
posted by ともひろ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

模擬練。

真っ灰頭の上見上げ瞬き瞬き瞬きする。
こんな雨ノ日こそだっ、目薬上手にならなきゃ。目薬上手になりたい。
だってもう時間が無いもの。
posted by ともひろ at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメンボゴッコ。

波紋作りは私たちの証です、綺麗に綺麗に作りましょう。スィートンッ、スィートンッ、進んでは止まり進んでは止まり…。まるで三角形を積み上げた冬のツリーの水影みたい。それはどんどん広がって、ぼやけて消えてしまうから、どんどんどんどん作りましょう。綺麗に綺麗に作りましょう。
posted by ともひろ at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

籠人。

随分長い間、私は引っ繰り返した籠の中に暮らしています。わりと広めの遊歩道なんです。道行く誰もが籠の中を気にしているのがわかります。けれど誰一人籠を持ち上げようとする人はいません。
ああ、若干恐いのでしょう。
私は籠の隙間から道行く人が見えます。彼らからは私が見えないんでしょうねぇ。なぜならば太陽と彼らと籠と私の位置関係や光の屈折気分、というよりは彼らにとっては道に置かれた籠っ?!、であり私にとっては籠の隙間の彼らなのだからでしょう。かと言って私は籠を出てみようとは思えません思えないんです。
ええ、若干恐いからです。

posted by ともひろ at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。