2006年07月28日

油。

その本屋の2列目から奥をのぞくとそこには大きな蝉がじっと座っているんです。やはり彼の見た通り、本当に本当に、この本屋の店主は油蝉だったんです。なのに僕は彼にあんな風に言ってしまった。
posted by ともひろ at 08:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 一般的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

メッポコリ。

なんだか久しぶりに日光を感じる朝ですが何か浮いています。空中に何か浮いています。
僕が上を向けば
少し遅れて上へ。
下を向けば
少し諦めて下へ。

どうやらこれはホコリのようです。僕の目玉に着いたメッポコリのようです。

上へ、
下へ、
右へ、
左上へ。

少し遅れて諦めてそれでも僕の見る方へやってきます。
ちょっと気に入ったのでそのまま連れて歩きます。
posted by ともひろ at 10:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 一般的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

アサミレイゾウ。

そこは長瀞にあって天然氷のかき氷が食べれるらしい。天然氷っのかき氷…それはどうやらメッポウ溶けにくく、氷に甘味やら旨味やらがあるんだってーっ。

んー…。

大人のかき氷だ。

食べてみたい…。

けど

ちょっと自信がない。

感じる自信がちょっと無い。

氷の旨味…。
posted by ともひろ at 08:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 一般的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日。

下北で唄いますーっみなさん是非是非にーっ(^0^)/

7月24日(月)
下北沢 BASEMENT BAR
*睡蓮ノ見ル夢*

【出演】
皮蛋
猫舌bianco.
COZMO MuWER
百年公園
(皮蛋3番目20:20の出演)
【詳細】
18:30開場
19:00開演
前売2000円+1D
当日2500円+1D
【行方】
下北沢駅南口から南口商店街を経て、茶沢通りを道なりに直進。代沢三叉路を過ぎ、そのまま三軒茶屋方面に進んで下さい。右側にピンクの看板で「酒」が目印。そのビルの地下になります。BASEMENT BAR と CLUB WEDGEは同ビルの同フロアーです。
住所:〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-18-1 カラバッシュビルB1F
TEL:03-5481-6366

http://www.toos.co.jp/basementbar/

【皮蛋】
mail@pi-tan.com
http://pi-tan.com
posted by ともひろ at 07:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 一般的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

ウオサム。

image/tomosiro-2006-07-15T07:10:44-1.jpg
ん…

おまえ…

怒ってんの…?

ならば…

ごめんなさい。
posted by ともひろ at 07:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 一般的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

ウオタムジョンソン。

image/tomosiro-2006-07-13T10:40:52-1.jpg
午前7時の水槽にジョンソン。
毎朝見かける大きな水槽には7、8人程暮らしているようだがそのうち半分以上はジョンソン。
あとはサム。
多分…サム。
ジョンソンはいつも何かを訴えているもののなにぶん水中と空気中の間柄、何を訴えているかはわかりません。
けれどどうやらそれは
苦情や、
中傷や、
罵倒や、
そういったものではないような気がするので僕は

うんうん

と相槌を打つんです。
posted by ともひろ at 10:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 一般的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浮遊例。

貼り付いてる物、
落ち付いてる物、
引っ掛ってる物、
沈んでいった物、
のぼり詰めた物、
ぶら下がった物、
僕にはどうする事も出来ない物、物、物。

けれど

浮かんでいる物は
大好きです。
それはだいたい
綿菓子だろうと、
紙粘土だろうと、
ゼリーだろうと、
大和芋だろうと、
それは
そのような事柄はこれから僕が
想って行けばいいことだからです。
posted by ともひろ at 00:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 一般的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スコルピオン。

その階段を3階まで上ると
どうやらサハラの趣で
一番手前の扉を開けたなら
6畳の砂室に年老いたスコルピオンが一人。
「お若いの、こっちへ来て座りなさい、話をしよう。なに、怖がる事はない。とうの昔に針など無くしてしまったのだから。さあ、こっちへ。」
でも僕は
黙って扉をしめた。
怖かったんじゃない。
怖かったんじゃないんだよ。

二番目の扉を開けたなら
おそらく
6畳の砂室に親子と思われるスコルピオン三人。
でも僕は
もう開けようとは思えなかった。
posted by ともひろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

福音腹音。

image/tomosiro-2006-07-12T19:58:44-1.jpg
とる君と篭ること二日目。
低音。

オナカの音。

腹音。

幅音。

福音。

低音はちょうどオナカの幅ぐらいが心地良くて。

アンチャの足と、とる君の指、それこそおんなじ顔した時が大好きです。

ちょうどオナカの幅の音にぶつかると

揺れすぎてまたオナカがへって来ます。

アンチャ、次は何食べんのーっ。
posted by ともひろ at 19:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 一般的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

ボンボリコ。

ボンボリコ。
いつもボンボリしてるので、自分の心が解りません。だからただ
水色に光ってみたり
桃色に光ってみたり
ボンボリコ。
どうせボンボリしてるので、自分で明かりを燈せません。

自分で明かりを消せません。
それでももがいて倒れた時に
真っ赤に真っ赤に燃えながら

カナシイ

ボンボリ思いました。
posted by ともひろ at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。