2010年09月06日

ミドリグモ。

秋かけの上空は
何しろ不思議な形の雲がいっぱい。
そこで総称して僕はそれらをミドリグモと名づけています。
どういった意味かと聞かれれば
そう呼ぶ個人的な理由こそあれそこに意味などないけれど
しかしながら人々は何故だか物やら出来事やらの命名には関わり深い意味を妙に求めるのだが
命名の意味関わりは
人それぞれであってよいのだと思います。
だからこそ
僕が何故はそれらをミドリグモと名づけているのかは
内緒にしようと思います。

posted by ともひろ at 23:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 断片的記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前方後円墳。

とても意味深な形をしてるでしょ?
鍵穴みたいなさぁ。
小学校の教科書かなんかにとても大きいやつ〜
たしか写真が載っていたのだけれどさぁ
実は
わりと近日まで皇居のある場所はつまりそこだと思っていたわけです僕は〜
まぁ
内緒なんだけどね...
posted by ともひろ at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 断片的記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

途中茶。

あぁどうして...。絶対に作業中に飲まないことってあれほど言ったじゃないか...。
posted by ともひろ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 断片的記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

扇風機通信。

例えば久し振りに出会う扇風機、もう一年振りになるかぁ。ねぇねぇ回ってみてよ...。
あぁ良く回るねぇ、そうだな、確かに去年の君だぁ、元気そうだな、思い出したよ。ねぇねぇかつて僕、よく君達と会話してたよねぇ?なんだか凄くブルブルした言葉。じゃなかったっけ?!もう忘れちゃったな...。小さい頃の事だものねぇ...。
posted by ともひろ at 13:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 断片的記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年01月13日

轆轤(ロクロ)談。

陶芸を始めたばかりのあの子が回す轆轤。じっと見つめているうちに、ある一つの記憶が見えてきた。そう、推定10歳未満の僕。中華テーブルの上に正座の僕。推定13歳未満の姉。中華テーブルを回す姉。回る僕。気が遠くなる様な、胃が重くなる様な、とても複雑なお年頃。轆轤を無心で回す子の気分が少し読めた気がするよねぇ。
posted by ともひろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 断片的記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年11月10日

造名(九)。

九歳時分の僕のあだ名は「トモジョ」だった。仲町に住む宮沢君が名付けた。名字と名前をくっつけた優れものだよねぇ。トットットットモジョ、トモジョってテーマソングまで作ってくれた。僕は本当に幸せ者です。
posted by ともひろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 断片的記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年09月04日

教会の匂い。

好きだったんたんだよねぇ。何か体育館の匂いに似てたかなぁ。眼鏡のシスターが歌を教えてくれたんだっけ?園長の神父さんがそれこそ色んな話しをしてくれたねぇ。クリスマスは皆静かで穏やかで、とても暖かい感じだったのを覚えている。演劇では羊飼いの役をした。教会は良い匂いだったよねぇ。
posted by ともひろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 断片的記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年07月10日

僕の言う夏。

とにかく頭に浮かぶのは、踏切と蝉と駄菓子屋とアイスクリームののれんと石工場。そう、少年期毎年行った茨城の母の実家の風景である。とともに、今僕が求める夏景色である。今年はこれを見つけたいよねぇ。
posted by ともひろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 断片的記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年06月04日

虫歯予防週間。

そういうのじゃなかったっけ?小学生時代は…。なんか歯磨きして赤いラムネみたいのかんで赤くなった所が良く磨けて無い所っての。素敵だねぇ。実に青春だねぇ。青春?今も?いつから?何人でも?ブラッシングの定義は今も一緒?ねぇドクター、僕の新しい歯に名前を付けてよ。
posted by ともひろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 断片的記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年03月28日

金魚救い。

小さな頃僕の家の水槽には金魚がいたが時々水槽の水が真っ赤になる時があった。それこそ金魚の体の色が溶け出したんではと思い心配した事もあったくらいだ。しかしあれが【アカチン】だったと知らされた時には少し安心したよねぇ。・・・・安心?
posted by ともひろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 断片的記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年12月17日

鵞鳥の行方。

幼い頃はよく聞いたでしょ?鵞鳥。実際かなりポピュラーな鳥だったよねぇ、絵本上では。・・・で、どんな鳥だっけ?鴨っぽいやつ?家鴨っぽいやつ?・・誰か知らない?今更眠れぬ夜はまっぴらだものねぇ。・・絵本といえば「ゆかいなバジル」知ってる?母さんの十八番でしたねぇ。・・あれに出てきたモグラ・・何て名前だっけ?ねぇ、誰か知ってる?この時期眠れぬ夜はまっぴらだもんねぇ・・。
posted by ともひろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 断片的記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年09月05日

短パン育ち。

冬が来たのを信じたく無かったんだろうか?小学生位の時はけっこういたでしょ、短パン育ちの子供。なぜか少し立派だとは思っていたが、僕は冬に逆らおうとはしなかったねぇ。
posted by ともひろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 断片的記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年08月07日

お泊まり保育。

楽しすぎたよねぇ、確か。殆ど覚えて無いけどねぇ。とにかくはしゃいでたと思うんだけど。花火もした様で、踊ってもいたようで、眠る時間になっても笑い過ぎて眠らなかったようで。こういう事こそ思い出したい記憶のはずなのに。
posted by ともひろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 断片的記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年08月02日

午前〇時の鳩。

記念日にはできたら出会いたいものである。母さんの実家にはいた。実に乾いたな鳴き声が午前〇時にともなるとよく響くよねぇ。今はあまり見る機会が無くなったが、子供の頃はいちいち時計を見に行ったような・・。
posted by ともひろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 断片的記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。